脂肪吸引最前線!より安全で素早く痩せる方法

最新の技術では脂肪細胞を吸引するだけではなく、薬品で脂肪を溶かしてしまう技術や医療レーザーなどで痩身することも可能になってきています。

美容整形、豊胸インプラントの注意事項

男性を惹き付けるボリュームのあるバストライン、女性なら誰もが手にいれたいと願うものですが、自分のバストに自信がない女性も多く、何とかサイズアップを図りたいと切に願っている方も少なくありません。その為、美容整形でも豊胸手術はとても人気が高く、年齢問わず希望される女性が後を絶ちません。

豊胸手術にはいろいろな術式があり、患者の希望に沿いながらカウンセリングで相談して決めますが、インプラントを挿入するタイプのものは、婦人科の健康診断が受けられなくなってしまうものもあるので注意しましょう。

そのようなデメリットも含めて、どういった術式を選ぶか、慎重に決めましょう。

豊胸手術に興味はありませんか

女性にとって、自分の顔や容姿などのことはとても気になるものです。他の人から見るとそんなに気にならないことでも、本人にとっては大きな問題ですし、彼氏や友達に言われたちょっとした一言がずっと心に残っていたりします。

豊胸術について気になりはじめるのも、そんなちょっとした一言がきっかけになるようです。豊胸手術を受けるというのは、とても勇気がいりますし、手術が成功するかどうか不安でいっぱいになるでしょう。もし、手術を受ける決心がついたら、豊胸についてのきちんとしたカウンセリングがあり、技術的に信頼できる美容整形外科を選ぶことが大切です。

美容外科で行われる豊胸 何カップまで大きくできるか

美容外科で行われる豊胸施術の種類はいくつかあります。その方法によってどれくらいまで大きくできるかが変わってきます。ヒアルロン酸注入や脂肪注入といった注入法の場合は、1~1.5カップ程度までが目安です。

それ以上のバストアップを望むなら、シリコンバッグなどを入れる挿入法になります。2カップ以上のバストアップが望めます。それぞれの方法にメリットとデメリットが存在するので、施術内容をよく確認しておきましょう。注入物、挿入物の素材の選択や施術方法は美容外科によって異なるので、症例や経験が豊富な医師に依頼することが大切です。

美容外科で受けられる人工乳腺法(豊胸バッグ挿入法)

小さなバストをカバーするために、人工乳腺(豊胸バッグ)を挿入するには美容外科クリニックで手術を受ける必要があります。 生理食塩水バッグやシリコンジェルなど使用するバッグによって、品質や料金に大きな差が出てくるので注意しましょう。 バッグを挿入する位置も、乳腺下法や大胸筋膜下法などあります。

元のバストの大きさや体重などを考慮して、施術する方法を選ぶことが大切になってきます。 美容外科クリニックで人工乳腺(豊胸バッグ)を挿入するメリットは、確実にバストアップできるところです。 2カップ以上のバストアップも1回の施術で完了させることができます。

豊胸も美容整形で実現可能

胸の小さい女性の場合、大きな胸に憧れて豊胸に対する憧れを持つ方も多く存在することでしょう。美容整形という言葉を聞くと怖いイメージも挙げられますが、近年、様々な施術方法が導入されていることにより、メスを使用しない整形手術も行われるようになりました。

中でも、脂肪注入による豊胸手術は、注射器を用いてヒアルロン酸や自分の脂肪などを胸部に注入することで受けられる施術です。身体に大きな傷を残すことなく施術を終わらせることができるだけでなく、痛みも少なく、さらに、希望する胸の最右を調整させることも可能となるため、より自分の理想に近い姿に近付けます。

美容整形における豊胸後の乳ガン検診の大切さ

美容整形の豊胸手術でワンカップそれより遥かに大きな胸を希望しているなら、シリコンバックの挿入か脂肪注入が適しているようです。この場合バックを挿入するために、両脇を数センチ切開する必要があるため、注射器で注入するケースよりダウンタイムがかかるものです。

ですが、バストの大きさでは最も期待できる施術の一つです。脂肪注入も、たくさんの脂肪が注入できることで、シリコンバックより、よりソフトで自然な胸を形成することができます。またどちらも、持続性をもたせる意味や、乳ガン検診などの定期的な検査やメンテナンスが必要になります。特に、シリコンバックでは、触診が難しくなるため確実に検査をうけるべきです。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

豊胸手術に関する記事

より安全で素早く痩せる方法

豊胸手術

美容外科で受けられる鼻整形

美容外科で受けられる二重整形

ウエディング